顎顔面矯正治療

当院では成長期のお子様を対象に 「 顎顔面矯正治療 」 を導入しております。
不正咬合を正して健康な口と体をつくりましょう。

子供たちの健やかな未来のために、不正咬合 ( ふせいこうごう )のことをきちんと知って、今から治療を始めましょう。

不正咬合を防ごう

不正咬合は、あごの発育に問題があったり、歯が大きすぎたり、歯の生える位置がおかしかったりすることで起こります。
不正咬合があると、歯並びだけではなく、あごが前後や横にずれて顔のバランスが悪くなるとともに、食べ物が噛めない・飲み込めない・しゃべりにくい ( 口腔機能の不良 ) 、鼻で呼吸できない ( 呼吸機能の不良 ) 、姿勢が悪いなどの機能異常も見られます。

矯正治療は、装置によりあごの発育に問題のあるところを正常に戻すとともに機能訓練を行ない、歯並びや顔のバランスを良くし、口や呼吸、姿勢などの機能も改善します。

不正咬合とは
不正咬合の種類

歯を支えている骨や上下のあごのアンバランス ( = 発育不良 ) などが原因で起きている悪い歯並びのことです。

上顎前突
上の前歯が下の前歯より飛び出しています。

下顎前突
下の前歯が前に出て 「 受け口 」 の状態です。

開咬
奥歯で噛み合わせたときに前歯が開いたままになることです。

叢生 ( そうせい )
歯並びがガタガタしている状態。 「 八重歯 」 も叢生です。

不正咬合の子供たちによくみられる 「 体の赤信号 」

口で呼吸していることが多い

口呼吸をしていると、空気中のばい菌が喉から体内に入ったり、口の中が乾燥してむし歯になりやすい状態をつくったりします。 また、無呼吸症候群など睡眠障害を引き起こすこともあります。

口がいつも開いている

口が常に開いたままになっていると、唇の筋肉が発達不良になり、唇が閉じにくくなります。 また前かがみの姿勢になりやすく、背骨が曲がったまま成長してしまう恐れもあります。

よく噛まずに食べる

よく噛まずに食べると、口元の筋肉やあごの成長に悪影響を与え、消化不良を引き起こす原因になります。

不正咬合によって、子供たちの正しい成長が妨げられてしまいます。 体の赤信号に早く気付き、当院にご相談ください。

不正咬合は、専門的治療方法 「 顎顔面矯正治療 」 で治ります。 経験豊富な当院の専門医が治療を進めますのでどうぞご安心ください。

歯を支える骨、あごの骨、頭骸骨、それらを取り巻いている組織 ( 歯肉や頬など ) までを考慮した矯正治療方法です。 顎顔面矯正治療法によって健全な骨の成長を促し 「 体の赤信号 」を改善します。その結果として 「 不正咬合 」 が治り健康で美しい歯並びへと導いていきます。

治療のながれ


問題がある部分を矯正装置によって正常に戻す治療 」 と 「 口やあごが正しく機能するためのトレーニング 」 を行います。

カウンセリング

気になることや治療希望をきちんとお聞きして、不正咬合と口の機能の状態を診査させていただきます。

矯正検査

顎と口の写真撮影、頭骸骨やあごの骨まで写るレントゲン撮影、歯の型採り、そして、顎関節・呼吸などの機能検査を行います。

治療計画の説明

検査で得られた結果をもとに計画した、最適な治療内容を写真や模型を使って分かりやすく詳細にご説明します。

矯正装置の装着と治療開始
顎顔面矯正治療の装置

最終決定した治療計画に沿って、必要な矯正装置を装着し、1~3カ月に約1度の通院 ( 装置の調整と治療経過の確認 ) を始めていただきます。

治療終了後のメンテナンス

装置が外れた後の歯は、何もしなければ少しずつ以前の状態に戻っていこうとします。 後戻りを防ぐために、保定装置を装着していただき、歯を支える骨や周囲の組織が安定するまで経過を観察します。


矯正装置には 「 上顎拡大装置 」 と 「 舌側弧線装置 」 の2つがあります。

上顎拡大装置

上顎拡大装置


上顎拡大装置の取り扱いと注意事項

目的
中央に位置するスクリューを回転させることによって上顎骨 ( 鼻上顎複合体 ) の成長 ( 側方・前方 ) を促進させるためのものです。

調節法
スクリュー中央にある穴を前から奥まで1日1回 ( 1/4回転90°) 回すことでスクリューを拡大させていきます。1回で約0.2mm拡大されます。 決められた拡大量を確実に得るために、決められた日数( 回転数 ) だけ回してください。 回すのを忘れて翌日に2度回したり、早い効果を期待して1日に何度も回すと歯の脱落の恐れがあります。 回す時間帯もご家族で決めてください。

変化
スクリューを回し始めて最初の頃は歯の痛みを訴える場合がありますが、数日でなくなります。 その後、眉間や鼻の奥がむずがゆくなったり、鈍痛を訴える場合がありますが、これは骨の改造が活発化していることを意味しています。 また鼻水や鼻血が出る場合もありますが、これも同じ好転反応ですので心配はいりません。

食べ物
ガム・ソフトキャンディー、お餅など歯や装置につきやすい食べ物は摂らないように気をつけましょう。 スクリューの裏側に食物が入りやすいですが、専用のブラシで取り出してください。 お箸やつまようじ等は、装置の破損や脱落の危険がありますので使わないでください。

その他
学校の保健指導等で行われる歯垢染め出しは問題ありませんので、ぜひ参加してください。

注意
矯正の装置は手で触ったりむやみに引っ張ったりすると、お口の中で壊れて外れてしまいます。 特に、前のフックのついている装置をつけているお子様はお気をつけ下さい。 装置を回し始めると前歯が一時的にすいてきます。隙間は徐々に閉じていきますので心配しないでください。

舌側弧線装置

舌側弧線装置


舌側弧線装置の取り扱いと注意事項

目的
歯の裏側にワイヤーを沿わせ、歯列を拡大したり、個々の歯を動かしたりすることを目的としています。

調節法
数週間に一回ワイヤーを広げたり狭めたりして調節します。 また、個々の歯を動かす場合には、動かそうとする歯に小さなボタンを接着してゴム等の弾性を利用して歯を移動させ、ゴムを交換して調節します。

変化
歯列を拡大する場合、ワイヤーが歯列を押すことにより、歯列が側方や前後方向に拡がります。 この時、歯の移動方向に沿って歯槽骨の改造が起こります。 歯槽骨の改造に際し、物を咬んだりした時に痛みが生ずる場合がありますが数日で消退します。

注意
清掃 : 歯にワイヤーが沿っている部分は清掃がしにくいため歯垢や歯石が沈着しやすくなるので、タフトブラシなどの小さいブラシを使用して丁寧に時間をかけて清掃しましょう。
食事 : 装置自体は歯の裏側に沿っているため違和感は比較的少ないですが装置に慣れるのに1週間ほどかかります。装置に慣れると食事も気にせず摂れるようになりますが、固い物などは咬みにくかったり、咬んだ時に痛い場合もあります。痛みは数日で消退しますので、最初のうちは軟らかいものから徐々に慣らすようにしましょう。

※ 最初は少しワイヤーが内側に出ていても、徐々に歯列に沿っていきますので様子を見てください。
※ 舌でここの部分を下からぐいぐい押すと歯並びに悪い影響が出てしまいます。 気をつけてください!

顎 ( あご ) の成長を促進させ、きれいな歯並びに
綺麗な歯並びに

顎顔面矯正治療は 「 急速拡大装置 」という固定式装置を使い、顎全体が理想的な大きさに広がるよう矯正します。 顎の骨が広がれば、永久歯は本来の正しい位置へ並ぶようになります。

この顎顔面矯正は永久歯への生え換わりの時期にある、成長期のお子様には非常に効果的な治療法と言えます。

上下の顎の位置関係を良好に
顎の位置を治療

顎顔面矯正治療は歯並びだけではなく、上下の顎のかみ合わせも改善できる矯正治療です。
歯並びをきれいにするだけでなく、顎の正しい発達を促すことで、歯の位置関係を正常に戻してくれます。

歯のかみ合わせが悪い成長期のお子様の場合、原因の一つとして 「 上顎の発育不正 」 が挙げられます。
成長が止まった成人の場合、顎の成長は完了しているので、多くの場合は抜歯をしてからワイヤーで歯を並べる必要がありますが成長期のお子様は顎顔面矯正治療法よって抜歯リスクを抑えることができます。

いびき・鼻づまりの軽減、アトピー・おねしょの改善など
身体の疾患を治す

上顎を 「 急速拡大装置 」 で骨格から広げてあげると、鼻の通りが非常に良くなり 「 鼻づまりや鼻アレルギー 」 が高い確率で治ります。 また、下顎が適切な位置に来ることで気道が広がるので 「 ぜん息やアトピー 」 の改善にもつながります。

鼻の通りが良くなると、鼻でしっかりと息ができるようになるので 「 口呼吸、口臭、いびき、睡眠時無呼吸、寝相の悪さ、おねしょ 」 など体全体の健康に繋がります。

姿勢の改善
姿勢の改善

あなたのお子様は背骨が曲がり、頭が通常より前に出る、悪い姿勢を取っていませんか?
この悪い姿勢の原因は 「 呼吸がしずらい 」 ことにあります。 なぜなら、この姿勢を取らないと呼吸がしにくいからです。 顎顔面矯正治療を受けると、鼻の通りは良くなり、呼吸が楽になるので、集中力は増し、体の姿勢もよくなります。

このように、低年齢から始める顎顔面矯正治療は、今までの普通の矯正治療では得ることができない素晴らしい治療法であり数多くのメリットがあります。

顎顔面矯正治療の適応年齢と費用
  • 適応年齢


    この顎顔面矯正治療の適応年令は5~12才くらい最適年令は6~8才です。
    この時期はお子様の骨格が最も変化する時期になります。 個人差がありますので詳細はご相談ください。
  • 費用


    432,000円
    ※ 2期治療やワイヤー矯正に進む場合は別途、追加料金が必要になります。
顎顔面矯正中の掃除の仕方

矯正治療中は装置を歯に取りつけているため、磨き残しが多くなります。 装置をつける前と比べて、特に丁寧に歯みがきを行う必要があります。
「 せっかく矯正をしたのに虫歯になってしまった… 」 ということにならないよう、必ずご家族の方が仕上げ磨きをしてあげて下さい!

顎顔面矯正装置(上)の掃除法

掃除法

  • ① ワイヤー部分はタフトブラシでこする。
  • ② くぼみはタフトブラシでかきだす。
  • ③ ねじの裏側は歯間ブラシでこする。
  • ※ ブラシを装置の裏に入れたまま下に引っ張らないで下さい。 装置が外れる原因になります。
顎顔面矯正装置(下)の掃除法

掃除法

  • ① ワイヤー部分はタフトブラシでこする。
  • ② くぼみはタフトブラシでかきだす。
  • ③ ここの部分にゴムがついています。 特に汚れがつきやすいので、タフトブラシでよくこすって下さい。

治療中はご自宅で次のようなトレーニングも行っていただきます。

ガム噛み


ガム噛みトレーニング

目的

  • 咀嚼、嚥下の再学習。
  • 舌の上下、側方運動の学習。

練習方法

  • ガムは必ず一つだけ入れます ( シュガーレスの粒ガムです )。
  • 左右バランスよく噛み、舌がガムを歯のカチカチ噛む面に運ぶ動きを意識しながら噛みます。
  • 1回につき30分、2~3回を目安に噛みます。
    ※ ガムが上顎の裏につく人や、お口の中でガムがどこにあるかわからなくなるのはしっかり咀嚼できていない証拠です。

ガラガラストップ


うがいトレーニング

目的

  • 鼻呼吸の学習 ( 鼻から吸い、口から吐く )。

練習方法※ 1日に1回

  • 口に軽く水を含み、水を含んだままの状態で、鼻からゆっくり、大きく息を吸い込みます。
  • 真上を向いて10秒間がらがらうがいをします。
  • 1から2の動作を2~3回繰り返してください。
  • 水を吐き出します。

片足立ちのトレーニング


片足立ちトレーニング

目的

  • 姿勢維持筋を鍛える。
  • 平衡感覚を高める。
  • 脚力を鍛える。

練習方法※ 1日に1回

  • 片方の足をあげて、もう一方の足をしっかり床につけて体を支えます。
  • 最初は 「 10 」 まで数えましょう。 「 10 」 までできるようになったら、1分間がんばってみましょう。
  • すぐにあげた足がついてしまう人は、腰や上げている足を大人が持って、支え足に体重をのせるように練習するとよいでしょう。

よくある質問、いますぐ解決!
※ 当院では皆さんが気になることをきちんとご説明しご納得していただいてから治療を進めていきます。

何歳くらいから始めるといいですか。

発育に問題があるところを正常に戻し、機能を改善する治療ですので、早い年齢から治療を開始するのが効果的です。 不正咬合の種類や程度によって違いはありますが、5~7歳くらいに開始するのが理想です。

期間はどれくらい必要ですか。 いつ頃に終わりますか。

早く治療を開始できれば、1-2年でバランスのとれた歯並びと口もと、顔になり、口や呼吸の機能も改善されます。 永久歯の生えそろう時期は、小学高学年から中学低学年です。 その頃までは、発育が正常に進んでいるか定期的に観察し、問題が見つかれば装置を再装着して治療を行う場合もあります。

来院期間はどれくらいですか

最初の装置を装着するまでは、1-3週に1回程度の間隔です。装着後の調節は、1-3カ月に1回程度です。 あごの発育や機能を改善する治療ですので、むし歯の治療とは異なり、来院期間は長くなります。

費用はどれくらい必要ですか。

矯正治療は、健康保険が適応されませんので自費となります。 費用は、使用する装置や治療期間によって異なります。 一度、お子さまを診察させていただければ、おおまかな治療費についてお答えすることができると思います。

装置は治療期間ずっと着けているのですか。

治療が始まってから終わるまでずっと装置が入っていることはありません。 装置は、短いもので半年ぐらい、長いもので1-2年使用します。  あごの発育や乳歯から永久歯への生えかわりの際に必要に応じて使用装置の作りかえ、治療を進めていきます。

装置は壊れることはないですか。

装置は使用状況に応じて壊れることもありますが、正常な使用状況にあれば壊れて口の中が傷つくようなことはありません。

装置は見えますか。

装置のほとんどは、歯列の内側に装着しますので、見えることはありません。

装置による痛みはありますか。

痛みは、個人差の大きい症状です。 治療中の痛みは、むし歯のようなズキズキする痛みではありません。 装置を装着した直後は圧迫感や痛みを感じる場合もありますが、これも数日でなくなります。

装置を着けていると歯磨きしにくそうですが、むし歯になりませんか。

装置が入っていると歯磨きしにくいですが、専用の歯ブラシを使って清掃の方法を指導します。 また、装置の接着剤 ( セメント ) にはフッ素が入っていますので、食生活に偏りがなく、普通に清掃できればむし歯になることはありません。

装置は自分で取り外せますか。

使用する装置は、取り外しができないもの ( 固定式 ) とできるもの ( 可徹式 ) があります。 治療の進め方によって異なりますが、どの装置を使うか検査により決定します。 発育は24時間、365日、休みなく続いていますので、治療の効率を考えれば固定式の装置が望ましいことになります。 このような理由から、治療に用いる装置のほとんどは固定式です。

装置をつけていて食事や会話など日常生活に支障はありませんか。

固定式の装置を装着した直後は、食事や会話を不自由に感じることもありますが、数日で慣れ、日常生活に支障はありません。

スポーツに支障はありますか。

スポーツの障害になることはありません。 逆に、かみ合わせやあごが安定し、呼吸機能も改善しますので、運動能力が向上することもあります。

管楽器は吹けますか。

楽器を吹くことに大きな支障はありません。 逆に、治療で鼻呼吸ができるようになることから、息が長く続くようになったり、音色が良くなったりすることもあります。

後戻りはありますか

発育期の矯正治療は、あごや歯並びの形を整え、それに食事や会話、呼吸などの機能を調和させる治療です。 両者がしっかりと調和していれば後戻りすることはありません。

装置をつけてしばらくは、唾や食べ物が飲み込みにくい、発音しにくいなど、いつも通りにできなくなることもあります。 しかし、お子さまたちは気になりながらも必ず慣れてくるので、ご家族の方は優しく見守ってあげて下さい。

※ 幼稚園や学校には、矯正装置をつけたことを知らせておくとよいでしょう。

顎顔面矯正治療ハンドブック

顎顔面矯正治療についての内容をPDFで読んだり、印刷したい方は「 顎顔面矯正治療ハンドブック ( PDFデータ ) 」をご利用ください。
→ ハンドブックをダウンロード ( 無料 )

主な内容


  • 歯並びが悪いこと、矯正治療について
  • 顎顔面矯正治療法とは ( 装置の説明など )
  • 治療中の掃除の仕方や自宅トレーニング
  • 顎顔面矯正治療のQ&A
  • 機能訓練チェック表

診療時間表

当院の矯正診療日は “ 水曜日の午後 ” になります。

※ 初診や相談は随 時受け付けております。

診療時間の見方は 「 ● = 矯正を含む診療 」 「 ○または時間表記 = 矯正以外の診療 」 「 休 = 休診日 」 になります。
( 受付時間 ) 月・火・金 : 9:30~18:30、 水 : 9:30~19:00、 木・土 : 9:30~16:30
スマホデバイスの画面サイズによっては、下記テーブル表の全てが表示されないことがあります。 その時は、フリックで横にスクロールして閲覧ください。
 
9:30~13:00 9:30

12:30
14:30~19:30 14:30

19:00
14:30

19:00
14:00

17:00
14:30

19:00
14:00

17:00
歯の矯正治療よくある質問

矯正治療よくある質問

歯の矯正治療に関して、よく聞かれる質問についてお答えします。 掲載のない質問はお気軽にご相談ください。
歯の矯正装置( ビムラー、エラストなど )

矯正装置の種類

矯正装置の種類をご紹介します! 「 QH、エラスト、バイオネーター、ビムラー、ブレース、リンガル矯正 」 など
歯の矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

歯を矯正治療する時の 「 治療の流れ ( 医院さがし、検査、治療、歯の安定など ) 」 を順番にご説明します。