3D光学スキャナー(iTero)

iTero Element(3D口腔内スキャナー)

iTero Element(3D口腔内スキャナー)iTero Elementとは、マウスピース矯正(インビザライン)に欠かせない3D口腔内スキャナーです。従来の歯型取りのように患者さまに負担をかけることなく、精密な歯型データを取得できます。また、従来では歯型模型を空輸していたところ、歯型データをインターネットで送信するだけで済むようになり、治療開始を大幅に短縮できるようになりました。

iTeroの特徴

1.不快感なく精密な歯型を取得できる

従来の歯型取りでは、シリコンの印象材を噛んでいただき歯型を取得していました。しかし、嘔吐反射や長く噛むことによる疲労など、さまざまな問題があり、歯型取りを苦手とする患者さまは少なくありませんでした。iTeroは、口腔内をスキャナーでなぞるだけで精密な歯型データを取得できます。つまり、従来の歯型取りと比べて不快感が少なく、より精密な歯型データを取得できるようになりました。

2.治療開始までの時間を短縮できる

2.治療開始までの時間を短縮できるiTeroで取得したデータはインターネットでアメリカのアライン・テクノロジー社へ送信します。従来の空輸を使った方法と比べて、治療開始までの期間を1~2週間も短縮できます。そのため、より早く治療を始めていただけるようになりました。

3.3D画像で事前にシミュレーションできる

3.3D画像で事前にシミュレーションできるiTeroで取得した歯型データを専用ソフトに取り込むことで、治療経過や治療結果をシミュレーションできます。そのため、治療に対する不安を解消していただきやすくなりました。ただし、イメージ画像ですので実際の結果とは若干の差が生じます。それでも、事前にシミュレーションできることは大きなメリットと言えるでしょう。

スマホでもシミュレーションが可能に!

スキャンした歯型データやシミュレーション画像は、お持ちのスマートフォンで閲覧できます。上下左右360°、さまざまな角度から詳細に確認できるため、納得したうえで治療を受けていただけます。

iTeroを使用した矯正治療の流れ

  1. 歯列のスキャン(1分)
  2. スキャンからドクターサイトへのデータ移管(15分)
  3. スキャンデータと処方書をオンラインで送付(2~3日)
  4. 約14日でマウスピースが歯科医院に届く(修正が必要な場合は長くなる)

iTeroは、マウスピース矯正(インビザライン)以外の治療にも使用しています。より精密な治療、負担の少ない歯型取りをご希望の方は当院までご相談ください。

初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談