舌側矯正(裏側矯正)

裏側矯正治療とは?

裏側矯正治療とは?

裏側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を取り付けて、ワイヤーの張力で歯を動かす矯正治療です。営業職やキャビンアテンダントなど、口元の美しさに注目されやすい職業の方、結婚式や面接を控えているため目立つ矯正装置は避けたい方などに人気です。

話したり笑ったりしても、矯正装置が目立つことはありません。矯正していることに気づかれないまま、治療を完了できます。

裏側矯正のメリット

矯正装置が外から見えにくい

裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を取り付けるため、笑ったり口を開けたりするだけでは見える心配はありません。また、矯正装置に食べ物がはさまっても、気にせずに食事を楽しむことができます。

むし歯になりにくい

唾液には、虫歯菌の働きの抑制や歯の再石灰化の促進などの作用があります。裏側矯正の場合、表側矯正と比べて矯正装置が唾液でうるおいやすいため、むし歯のリスクを抑えることができます。

前歯の矯正に向いている

出っ歯の矯正治療では、奥歯を固定源にして歯を奥へ引っ張るように装置を取り付けます。これを表側矯正で行うと、奥歯が前の方へ移動する恐れがありますが、裏側矯正であればそのような心配がほとんどありません。

後戻りしにくい

後戻りとは、矯正治療で整えた歯並びが元に戻ろうとして乱れることです。舌の癖で歯を押すと、歯列が乱れる恐れがあります。裏側矯正では、舌が矯正装置に触れるため、このような舌の癖が改善され、後戻りのリスクを低減できます。

舌側矯正治療の流れ

1カウンセリング

カウンセリング問診や視診、レントゲン検査などでお口の中の状態や歯並び・噛み合わせなどを確認します。不明点や疑問点、お悩みなどはお気軽にお話ください。

2治療計画の作成

治療計画の作成抜歯の必要性や治療法を最終確認し、治療計画を立案します。患者さまの同意を得られましたら、次のステップへ進みます。

3歯の型取り

歯の型取りワイヤー作製のために歯の型取りをします。

4矯正装置の装着

同時にワイヤーもセットします。

5矯正治療の開始

矯正治療の開始定期的にご来院いただき、経過観察いたします。

なかの歯科・矯正歯科クリニック初診WEB予約 無料メール相談(ワイヤー矯正、インビザラインなど) LINE相談(マウスピースや裏側矯正など)