矯正装置の種類

矯正装置について

歯の矯正に使用する装置は「お口の症状、目的、年齢」によって様々な種類があります。まずは主な種類に分類して、ご紹介しましょう。最近は目立たない矯正装置を希望される方が多いのですが、中には矯正をファッションと捉え、あえて目立つ装置を選ぶ方もいらっしゃいます。

目立たない矯正装置

目立たない矯正には透明マウスピースや歯の裏側に装置を付けたりする方法などがあります。矯正していることを周りの人に気づかれる可能性が低いので、装置を付けている姿を見せたくない方に向いています。ただし、お口の状態によっては治療期間や結果、違和感、治療費などの面でお勧めできない事もあります。

取り外しできる矯正装置

主に、小中学生やそれ以下の患者さまに使用することが多い矯正装置です。食事や歯磨きの時など、必要に応じて取り外すことができるので、小さなお子さまでも治療が受け入れやすい装置になります。ただし、十分な治療効果を得るためには決められた時間を守って使用していただく必要があります。

固定式の矯正装置

歯に固定する矯正装置です。昔からある金属製の種類は装着時の見た目が悪く、治療をためらう原因になっていました。ですが、最近は乳白色で透明なプラスチック製やセラミック製の種類が使用されるようになり、目立たないように改良されてきました。多く使われる装置は永久歯治療に使用するブレースと呼ばれる種類です。

目立ちにくい矯正についての説明はこちら

矯正装置の種類

矯正装置の代表的な種類についてご紹介します。それぞれメリットとデメリットがあり、お口の状態によっては使用できない装置もあります。

インビザライン
【目立たない】

透明なマウスピースを使用した目立たない矯正装置

インコグニート
【目立たない】

ドイツ発の歯の裏側につける極薄型オリジナル矯正装置

リンガル矯正
【目立たない】

歯の裏側につける、表からは目立たない矯正装置

ビムラー

下顎前突(受け口)を治すために用いられる装置

ブレース

セラミック素材で歯の表面に付けるワイヤー装置

リテーナー

矯正治療後の後戻りを防ぐために使う矯正装置

クアッドヘリックス

奥歯の嚙み合わせを改善し、歯列の幅を広げる矯正装置

リンガルアーチ

奥歯の移動を防ぐために使われる矯正装置

拡大プレート

前歯の嚙み合わせを改善し、歯列の幅を広げる装置

エラスト

就寝する時に装着して、歯を動かす矯正装置

バイオネーター

歯の嚙み合わせを浅くするために使用する矯正装置

初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談