矯正後の後戻りについて(リテーナー)

矯正治療したのに後戻りをしてしまった方へ

「整えた歯並びが後戻りした……」
そのような方にはマウスピース矯正による再治療がおすすめです。

後戻りしてしまうケース

「リテーナー」の不使用

リテーナーとは、矯正治療後に後戻り防止を目的に装着する装置です。リテーナーを指示通りに装着していない、そもそもリテーナーを使用しない場合、後戻りのリスクが高まります。

舌のクセや歯ぎしり

前歯を舌で押す癖、歯ぎしり、頬杖などによって後戻りする場合があります。また、開咬や口呼吸なども後戻りのリスク要因です。

親知らずがある

親知らずがある、矯正治療後に親知らずが生えてくると、周りの歯を圧迫することで歯並びを乱す場合があります。

歯周病

歯周病が進行すると、顎の骨が溶けます。その結果、歯を真っすぐに支えられなくなり、歯並びが乱れる場合があります。

後戻りに対する治療方法

矯正治療後に後戻りが起きた場合、リテーナーを装着するだけでは改善できません。部分的な矯正治療で歯並びを整える必要があります。当院では、マウスピースを用いた後戻りの治療をおすすめしております。透明で薄いマウスピースを使用するため、口を開けたときに周囲の人に気づかれにくく、快適に治療を受けていただけますので、矯正治療に悩みをお持ちの方は当院までご相談ください。

初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談