八重歯・乱ぐい歯の矯正歯科治療症例

八重歯や乱ぐい歯など、歯並びのデコボコは叢生(そうせい)と言います。歯が重なり合っていると歯ブラシが隅々まで届きにくくなるため、お口の中に汚れが残りやすくなります。

施術名 八重歯や乱ぐい歯の矯正歯科治療
施術内容 八重歯や乱ぐい歯をワイヤーやマウスピースを使用して、歯の位置を変えて利用的な歯並びを獲得する施術です。
施術の副作用(リスク) 疼痛・咬合時痛・冷水痛・抜歯を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。歯の状態によっては予測する位置まで歯が移動しない場合もあります。装置が壊れるリスクやワイヤーが飛び出たり変形するリスクもあります。またインプラントアンカーを使用する場合は一時的にインプラントアンカーが抜ける場合もあります。
施術の価格 10万円~130万円

叢生の矯正治療(正面・側面)

治療前:当時は全体的に歯が重なり合っている状態でした。
治療後:治療後は、綺麗な歯並びになり見た目も機能面も向上しました。

歯のデコボコ&八重歯の矯正

治療前:八重歯や歯のデコボコが原因で、噛み合わせの悪い状態でした。
治療後:矯正治療によって不揃いの歯並びが整いました。
初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談