受け口の矯正歯科治療例

受け口は、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態で反対咬合(はんたいこうごう)とも呼ばれます。受け口の方は、噛みにくいだけでなく、聞き取りにくい話し方になりやすく、顔つきもしゃくれた感じになります。

施術名

受け口の矯正歯科治療

施術内容

受け口をワイヤーやマウスピースを使用して、歯の位置を変えて利用的な歯並びを獲得する施術です。

施術の副作用(リスク) 疼痛・咬合時痛・冷水痛・抜歯を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。歯の状態によっては予測する位置まで歯が移動しない場合もあります。装置が壊れるリスクやワイヤーが飛び出たり変形するリスクもあります。またインプラントアンカーを使用する場合は一時的にインプラントアンカーが抜ける場合もあります。
施術の価格 10万円~130万円

歯並びと受け口を矯正

治療前:歯並びが悪く、受け口(反対咬合)の状態でした。
治療後:矯正後は、噛み合わせが良くなったことで、印象や発音が良くなりました。

受け口の矯正治療

治療前:下の前歯が上の歯よりも前に噛み合う受け口の状態でした。
治療後:矯正することで受け口を改善しました。
初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談