ワイヤー矯正(表側矯正)

表側矯正治療(ワイヤー矯正)とは?

表側矯正治療(ワイヤー矯正)とは?表側矯正とは、歯の表面にブラケットという金属製の装置を取り付け、そこに通したワイヤーの張力で歯を動かす矯正治療です。歯の移動スピードが早く、費用が比較的低額なことがメリットです。その一方で矯正装置が目立つというデメリットもあります。

表側矯正治療のメリット

費用を抑えられる

表側矯正は、矯正装置を舌側に取り付ける方法やマウスピース矯正と比べて簡易的であり、治療経過を確認しやすい、歯を動かしやすいなどの理由により、費用を抑えることができます。

治療期間が短い

表側矯正は、他の矯正治療よりも早く歯を動かせます。できるだけ早く矯正を終えたい、就職活動を始める時期に間に合わせたいなど、治療期間の目標がある場合は表側矯正がおすすめです。

矯正装置の着け心地に違和感が少ない

矯正装置を歯の裏側に取り付けると、舌に触れることで違和感が生じます。また、発音に支障をきたしたり、食事の際に違和感を覚えたりする場合もあります。しかしながら、時間の経過と共に違和感は解消されることが多いため、大きな問題とは言えないでしょう。

ただし、中には慣れるまでに時間がかかる方もいらっしゃいます。表側矯正は、矯正装置が舌に触れないため、大きな違和感がありません。

幅広い症例に対応できる

表側矯正は、幅広い症例に対応できる矯正治療です。ただし、医療技術の進歩により、他の矯正治療も適用できる症例が増えてきています。

目立ちにくい表側矯正も

目立ちにくいブラケット

目立ちにくいブラケットブラケットとは、歯に取り付ける四角形の小さい装置のことです。金属製やセラミック製、プラスチック製のものがあり、中でもセラミック製とプラスチック製は白い見た目のため目立ちません。ワイヤーが金属色でも、ブラケットが白色であれば、かなり目立ちにくくなります。

目立ちにくいワイヤー

白いワイヤーは、口を開けたときに目立ちません。ブラケットも白いものを選ぶことで、近くで見なければ矯正治療だとは気づかれなくなります。そのため、表側矯正でなければ歯並びを整えることが難しいといった事情があり、口元が目立つのは避けたいという方は、白色のブラケットとワイヤーを使用するとよいでしょう。

当院では、マウスピース矯正(インビザライン)もおすすめしています

目立ちにくいワイヤー

当院では、マウスピース矯正(インビザライン)も導入しております。マウスピース矯正(インビザライン)は、理想の歯並びの形をしたマウスピースを装着し、2週間ごとに新たなマウスピースに交換するのを繰り返すことで歯を動かす治療法です。

透明で薄いマウスピースを使用するため、目立つ、違和感がある、といった表側矯正や裏側矯正のデメリットを克服しています。ただし、適用できる症例は表側矯正よりは少ないため、必ずマウスピース矯正を受けられるとは限りません。
矯正中であることを周りの人に知られたくない、仕事の都合により目立たない矯正が必須、といった事情がある方におすすめです。矯正治療を検討中の方は、当院までお気軽にご相談ください。

初診WEB予約 オンライン診療 メール相談 LINE相談