矯正治療の流れ

矯正治療の流れと、矯正治療をするにあたって守っていただきたい項目について、ご説明します。

矯正治療をするにあたってのお願い

矯正治療を進める上で、患者さまにご協力していただきたい大切なお願いがあります。
これらの注意事項を守っていただくことで、治療は円滑に進み、より良い結果に繋がりますので、ご理解いただけるようお願いいたします。

また、これらのご協力が得られず、治療を継続しても 「 進展が見られない 」 「 患者さまのお口にとって不利益になる 」 と判断した場合は治療を中止させていただくことがありますこともご理解ください。

基本的なことになりますが、治療をスムーズに進行させるには症状に応じた定期的な通院が必要になります。 その為 「 決められた治療スケジュール ( 通院間隔 ) 」 は必ずお守りください。

その他に注意していただきたいことをご説明します。

ゴムの使用
矯正治療でのゴム使用

噛み合わせを改善する為に、ご自身で治療用の輪ゴムをお口の装置にかけていただくことがあります。 使用時間は1日のうち 「 数時間~1日中 ( 食事と歯磨きの時間を除く )」 と様々ですが、このゴムを使用しなければ改善困難な症状がありますことをご理解ください。
同時に治療期間の短縮につながる重要な治療法になるので、矯正するにあたっては不可欠であることも知っておいてください。

虫歯や歯周病の予防
矯正中のお口予防

取り外しできない装置で矯正をする場合は歯や装置に汚れがつきやすくなります。
その為、虫歯や歯周病にならないよう 「 歯磨き指導や、予防薬使用の指示を出す 」 ので、常に口の中が清潔な状態になるよう心がけてください。

後戻り防止の為に
矯正後の後戻り防止

矯正治療で動いたばかりの歯は、不安定で、放置しておくと元の状態に戻ろうとします。
その為、矯正後は歯を安定させる装置を装着したり、歯の裏側をワイヤーで止めたりする必要があることをご理解ください。 歯並びが良くなった状態を維持するには、この 「 後戻り防止のための期間 」 が大変重要になるので、必ず指示をお守りください。

矯正治療の流れを10段階に分けてご説明します。

医院さがし
歯科医院さがし

矯正治療を受ける歯科医院を探す方法としては 「 かかりつけの歯科医師から紹介を受ける、矯正経験者の知り合いに相談する、インターネットや電話帳で調べる 」 などの方法があります。

電話やメールでお問い合せ
矯正のお問い合わせ

気になる歯医者が見つかったら、電話やメールなどでお問い合わせをしましょう! すぐに聞きたいことがあれば、その時に確認しておきましょう。
簡単な診断や、詳しい説明を希望をする場合はカウンセリングできるか確認して予約をとりましょう。

カウンセリング
矯正治療カウンセリング

「 お顔や口もとの状態、歯並び、噛み合わせ 」 などを診察後、症状を確認しながら治療についての説明があります。 この時に、分からないことや心配なことを遠慮せずに聞きましょう!

カウンセリングを受けた歯科医院で治療を受けるかどうかは十分に考えてからで決めてください。 また、複数の医院でカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

検査
矯正治療のための検査

診断後、それに基づく治療方針を計画するために必要な検査をおこないます。 主な検査内容は 「 レントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影、噛み合わせの検査、歯型を取る 」 などです。

このような検査は治療前だけでなく治療中や治療後、通院終了時にもおこなわれ、お口や歯列の変化を確認する重要な資料となります。

検査結果の報告
矯正の診断・治療計画

検査結果をもとに 「 お口や歯の問題点、治療方針、使用器具、治療期間、費用 」 などの具体的な提示がされます。
費用や治療期間などは不安点を残さないよう、しっかり相談してください。 曖昧なまま治療を進めると 「 トラブルの原因 」 になるので注意してください。

治療前の準備と矯正装置の装着
矯正装置の装着

虫歯や歯肉炎、歯周病の方は矯正治療に入る前に各治療をすませておく必要があります。
抜歯が必要な方も担当医に指示された時期に処置を受けておいてください。

矯正装置は種類によって異なりますが、数日おきに何度かの受診が必要になります。

矯正装置の調整
矯正装置の調整

お口の症状に応じて、矯正装置を調節したり、種類を変えていきます。 これを続けることで、歯が動きだし治療も進んでいきます。
通院は、通常のケースであれば1か月に1度ぐらいのペースになります。

矯正装置による治療の終了
矯正装置による治療の終了

理想的な歯並びと噛み合わせが達成できたら、矯正装置を外します。
その後、歯についた汚れや沈着物、歯石などを綺麗に除去してから、クリーニングをしてピカピカの歯に仕上げます。

歯の安定 ( 保定 )
歯の保定期間

ここからは、今までの治療で動かした歯を安定させるための期間に入ります。 通院は、通常ですと3~6か月に1度の間隔になります。
歯を安定させる為には、取り外しできる装置を装着したり、歯の裏側をワイヤーで止めたりします。 歯を安定させるには、治療と同じくらいの期間が必要になります。

治療終了
矯正治療の終了

歯が安定したら、長かった矯正治療は終了です。 おめでとうございます!
鏡で自分のお口を見た時、治療前のお口が信じられなくなるかもしれませんよ!

診療時間表

当院の矯正診療日は “ 水曜日の午後 ” になります。

※ 初診や相談は随 時受け付けております。

診療時間の見方は 「 ● = 矯正を含む診療 」 「 ○または時間表記 = 矯正以外の診療 」 「 休 = 休診日 」 になります。
( 受付時間 ) 月・火・金 : 9:30~18:30、 水 : 9:30~19:00、 木・土 : 9:30~16:30
スマホデバイスの画面サイズによっては、下記テーブル表の全てが表示されないことがあります。 その時は、フリックで横にスクロールして閲覧ください。
 
9:30~13:00 9:30

12:30
14:30~19:30 14:30

19:00
14:30

19:00
14:00

17:00
14:30

19:00
14:00

17:00
歯の矯正治療とは?

歯の矯正とは?

「 歯並び、治療開始時期、歯並びが悪くなる原因 」 など、歯の矯正に関する基本情報についてご説明します。
歯の矯正装置( ビムラー、エラストなど )

矯正装置の種類

矯正装置の種類をご紹介します! 「 QH、エラスト、バイオネーター、ビムラー、ブレース、リンガル矯正 」 など
歯の矯正治療よくある質問

矯正治療よくある質問

歯の矯正治療に関して、よく聞かれる質問についてお答えします。 掲載のない質問はお気軽にご相談ください。